冷蔵庫を管理する、冷蔵庫マネジメント術


冷蔵庫の中って、どうしても沢山の食材や調味料を入れてしまいがちです。料理が趣味の人であれば、色んな食材や調味料を買っては冷蔵庫の奥に眠らせている、ということも多いのではないでしょうか? というか昔の私がそうでした。賞味期限が切れて数年は経っている調味料、なかなか捨てることが出来ませんでした……。腐ってしまった食材ならきっぱり捨てられるのですが、賞味期限が切れたとしても下手に腐ったりしない食材や調味料は、もったいない感じがしてしまってどうしても捨てられませんでした……。

しかし、冷蔵庫の中が使う予定のない食材や調味料が隙間無く入っている状態は、とても良いとは言えません。食材や調味料を無駄にしてしまう可能性も高くなりますし、何より衛生面的にも良くないです。私の場合、これらのことを意識してから無駄なものはどんどん捨て、冷蔵庫の中が超スッキリしました。

002

上の写真は我が家(夫婦二人)の冷蔵庫の写真です。

基本的にガラガラで、調味料がメインで食材はちょっとだけしか入っていない状態です。冷蔵庫の中をこの状態にしたら、スッキリさせることのメリットなど気が付くことも多かったので、私が行っている冷蔵庫の管理方法を、冷蔵庫マネジメント術としてご紹介したいと思います。

管理系アプリは100%無駄なのでスマホから削除すべし!!!

この記事を書くために、まずは冷蔵庫の中身の整理法についてどんな情報があるのか参考までに調べてみたんですが、検索するとスマホ系の冷蔵庫管理アプリがいっぱい出てくる……。冷蔵庫の食材管理をなんとかしようと思ってこれらのアプリを試そうとした人、たくさんいると思います。しかしそれらは完全に無駄! そんなアプリで管理することにより、逆に無駄な手間が増えるのです! 実際に管理アプリを使ったけど、結局面倒で使わなくなってしまった人は多いでしょう。そんなもので管理や整理が出来るはずがありません。今すぐ管理アプリによる管理方法は頭から取っ払うのが良いでしょう! 基本的に手間が増えれば増えるだけ人間はやりたくなくなる生き物なのです。なので、管理や整理は、する必要が無いくらいに物を少なくする! これが基本です。

普段使いしない食材や調味料は全て捨てるべし!!!

料理好きに限らず、冷蔵庫の中にはとにかく色んな調味料が増えていくものです。気が付いたら数年使っていなかった調味料もあるんじゃないでしょうか? 漬け物とかも、結構眠らせちゃいますよね……。

もうですね、半年以上使わなかった食材や調味料は、全て冷蔵庫から捨てるルールにしましょう! ……半年だとまだ賞味期限切れてない調味料も多いからもったいないって? それじゃ一年使わなかった場合はってルールにしましょう! それならいいでしょう。一年も使わないとか、この先使うことが無いのはわかりきってるんですよ。一年も使ってないと「これずっと眠らせてるな……」と思いが芽生えてきて、ちょっとネガティブな感情が沸いてくるものです。なので、一年使わなかったら絶対に捨てる! このルールを徹底しましょう。そうすることで、冷蔵庫の中に無駄な食材や調味料がどんどん消えていくはずです。

もし本当に必要なものなら、また買い直せばいいだけです。冷蔵庫の中には使わないものを入れておくスペースなど無い! そう覚えましょう。

冷蔵庫の中は基本スカスカにせよ!!!

一年間冷蔵庫の肥やしとなっていた食材や調味料を捨てるようにしたら、冷蔵庫の中は結構スカスカな状態になると思います。このスカスカな状態がいいんです。スカスカにしておくと、入ってる調味料とか食材が全て見える状態になるので、管理しやすくなるんですよね。スマボアプリなんかで管理しなくても、そもそも管理する数を減らせば、脳内だけで管理出来るんです。数が多くて、ゴチャゴチャしてるから管理する気力が失せるんです。冷蔵庫の中は、スカスカにしておくのが基本だと考えましょう!

冷蔵紺の中がスカスカにすることによるメリットとして、大鍋で作ったカレーとかシチューとかを大鍋のまま冷蔵庫に入れることが出来ます。夏場にカレーをコンロの上に放置して、仕事から帰ってきたら腐ってる……なんてことも少なくなります。また、作った料理を冷蔵庫に入れて忘れてしまい、一ヶ月とかの時が経ち、完全にタッパーの中でやばいことになってるけど怖くて処分出来なくなったりすることがある人、多いと思います。そんな時も冷蔵庫の中をスカスカスッキリの状態にしておくと、やばいタッパーが嫌でも目に入ってくるので、処分する気にもなりやすいかもと思っています。そもそもスカスカスッキリの状態にしておけば、冷蔵庫の奥底に眠ってしまうことも少なくなると思います。

冷蔵庫は調味料棚と認識せよ!!!

冷蔵庫は、基本調味料棚だと認識するべきだと常々考えています。作った料理を保存しておく場所であると考えると、どんどん食材が貯まってしまいます。作った料理などは、一時的に間借りさせて貰ってる、と認識するのがいいと思います。作り置きの料理が無い時は、基本スッカスカの状態になる、冷蔵庫とはそういうものだと認識しましょう。

定期的に冷蔵庫の中を掃除せよ!!!

冷蔵庫の中がスッカスカであれば、中の掃除がし易くなります。冷蔵庫の中の掃除、これは実はかなり重要なんです。冷蔵庫の中に物がびっしり入ってると、殆ど掃除なんてしないと思います。むしろ「冷蔵庫の中は冷たいから菌は繁殖しない」なんてイメージがある人、多いと思いんじゃないでしょうか? そのイメージは今すぐ改めるべし!!! 冷蔵庫の中でも雑菌は繁殖しまくりだと覚えましょう! 冷蔵庫の中って、ちょっと調味料をこぼしたり、料理の汁がこぼれたりしてもそこまで気にしてない人、多いですよね? あれを放置することにより、雑菌が繁殖しまくるのです!!! なので、冷蔵庫の中は定期的に掃除する必要がある、と思ってください!

冷蔵庫の中の棚板とかは定期的に取り外して洗剤で洗い、取り外せない部分は濡れた布巾などで定期的に拭き掃除してあげてください。これをするだけで、マジで食材の持ちが劇的に伸びます! 私も昔は冷蔵庫の中を掃除するイメージがない人だったんですが、その頃の感覚だと冷蔵庫に入れてた料理は2~3日で腐っていました。しかし、冷蔵庫の中をキレイに掃除するようになってからは、2~3日で腐るイメージだった料理が、1~2週間経っても全然腐らないんですよ! これはマジびっくりです。冷蔵庫の中がびっしり詰まっている貴方、貴方の冷蔵庫の中は雑菌が繁殖しまくりなので、入れてる料理が腐りやすい、そう覚えてください!!!

野菜は密封出来る袋に入れた方が断然保ちがいい!!!

野菜室に入れる野菜なんですが、これは一個一個ジップロックに入れたり、袋で密封するようにして保存すると、野菜の鮮度の持ちがすごく良くなります。野菜をそのまま野菜室に入れてる人、多いんじゃないでしょうか? それだと野菜はすぐ溶けちゃいます。

鮮度の持ちが良くなる理屈は分からないんですが、とにかくどんな野菜でも密封しておくといい感じです。密封と行っても、空気を抜く必要はないです。我が家ではジップロックに入れたりしたりしてますが、面倒であればビニール袋でなるべく空気が入らないような感じで野菜を包む感じでも良いです。なんですかね、湿度が一定に保たれてるのがいいんですかね。

野菜の鮮度を保つやり方は色々ありますが、とにかく野菜は一種類ずつ袋で密封しとくと良い、と覚えておけばいいんじゃないかと思います。

冷凍庫に入れる食材は、必ず袋詰めやラップで密封するべし!!!

冷凍庫で冷凍保存しておく食材ですが、かならずラップや袋でしっかり包んで密封してから、冷凍庫にいれましょう。冷凍庫にそのままの状態で食材を入れておくと、フリーズドライされたようなカッスカスの状態になっていまします。

これは、冷凍庫を開けたり閉めたりする度にちょっとずつ食材の水分が溶けてしまうからです。作っておいた氷が何故かどんどん小さくなったりする現象、覚えがあるんじゃないでしょうか? もし自家製のフリーズドライ食品を作りたい場合は有効な手段かもしれませんが、基本的に食材を冷凍保存する場合はきちんと密封するのがいいでしょう。

冷蔵庫のマネジメント術

料理の情報は世の中に溢れていますが、冷蔵庫の中の管理方法とか掃除に関する情報ってかなり少ないと思います。冷蔵庫の中が鬼のように汚いこととか、掃除をちゃんとするだけで料理が腐るスピードが全然変わるとか、そういう情報ってあまり表に出てこないので、気付いたことがあればまた書きたいと思いますね。冷蔵庫の中がぎゅーぎゅーになってる人は、一度見直してみるのをオススメします。

最後に冷蔵庫の扱いについてまとめるなら「冷蔵庫の中から使わないものを全て処分せよ! そして掃除せよ!」って感じです。