TCP/IPカードゲームを作りました


header_card
私の本職は、ネットワークエンジニアというお仕事です。まだまだ未熟なネットワークエンジニアですが、バイト感覚で始めたのがいつの間にか10数年のキャリアとなりました。最初の頃はネットワークは仕事以上のものではなかったのですが、最近ではネットワーク技術への理解も深まり、ネットワークが面白くなってきました。ネットワークの知識を活用して、もっと色んな活動に繋げたい! そう思うようになりました。

更に、ここ数年で受け持つ部下が増え、新人にネットワークのことを教えることが多くなってきたんですが、大事なポイントを効率良く覚えて貰うにはどうすれば良いか、ずっと考えていた時に思いついたのがTCP/IPカードゲームというアイデアです。

TCP/IPカードゲームは、パケットの各種ヘッダーをカードと見立て、カードゲームを通してネットワーク技術を学ぶ事が出来るようにと考え作りました。

ネットワーク技術を学習するには、分厚くて高額な技術書を読むしかなく、かといって技術書が重要なポイントを初心者にも分かりやすく書いてあるとはとても言えないのが現状です。ならば、ゲームを遊んでいると自然とネットワーク技術が身についていくようなものが出来ないかと考えた結果、作ったのがTCP/IPゲームです。パケットは、運びたいデータに色んなヘッダーを付けて宛先まで届けたりしている訳ですが、各種ヘッダーのことをきちんと理解しているネットワークエンジニアはかなり少ないと思います。このTCP/IPカードゲームを通して、ネットワーク技術への理解を増し、ネットワーク技術に更なる興味を持つきっかけとなれば幸いです。

また、各種ヘッダーをカードと見なすことで、アイデア次第で様々なネットワーク技術を理解するために使えると思いますし、新人教育のための教材としても使えると思いますので、このアイデアは自由に活用して貰えればと思っています。

とりあえず机上ではありますが、VLANゲームというのを作成しました。

TCP/IPカードゲーム – VLANゲーム

VLANを設定したポートに、どのようなパケットが流れているかを感覚的に理解して貰いたくて作りました。上記のメニューの部分にも「TCP/IPカードゲーム」の項目を追加してます。今後は上記のページ内で色々更新していきたいと思ってます。カードゲームなんて今まで全然作ったこともないのでアレですが「Headerをカードに見立ててカードゲーム化する」というアイデアは汎用性が高く、複雑化したネットワークのことを覚えるには良い教材になるんじゃないかと思ってます。このVLANゲームではパケット構造に絞ってますが、VLANによるブロードキャスト分割なども勉強出来るゲームも作りたいですね~。

今はVLANゲームのみで、ルールも未熟だとは思いますが、今後はどんどん色んなのを作っていきたいと考えています。次に作りたいのは、DHCPゲームですかね。DHCPでIPを貰うシーケンスの流れを自然と学習できるようなものを考えてます。今思いついているイメージを説明すると、DHCPのシーケンスを完成させてIPを取得し、たくさんIPを取得した人の勝ち、みたいなの。取得したIPを保持しておく為に、Requestの更新パケットが必要とか、そういうのも考えてます。

ゆくゆくはカードゲームとしてちゃんと実際の製品のように作って、コミケで販売したりするのもいいかなーとか思ってます。同人誌を作るのは慣れてるんですが、カードゲームの作り方はどこにお願いすればいいのかさっぱり分かってないので、知ってる人は是非教えて欲しいです。最終的には、ネットワーク技術の理解とゲームとしての面白さの両方を兼ね備えた感じにして、カードデザインとかも素敵な感じにしていけたらなーとか妄想してます。なので、こうしたらいいんじゃないかというアイデアがある人がいれば、意見をじゃんじゃんください。

よろしくお願いします~。