お好み焼きがとても美味しいことに気付かされた


IMG_2656

私にとってお好み焼きは好きでも嫌いでも無い食べ物でした。とりあえず「何か食べたい」と考えたときにお好み焼きが浮かんでくる事はまず無い人です。私は福島出身で、お好み焼きと言えば味付けは醤油でした。ハケで醤油を塗って焼いたものがお好み焼きだったんです。関西の人に言ったら「お好み焼きに醤油とかw」と鼻で笑われてしまいそうな感じですが、東北地方ではお好み焼きは醤油で食べるのが割と普通だったと思います。

東京で一人暮らしを初めてから何度かお店でお好み焼きを食べたこともありましたが、オプション付けると1500円とか平気で行ってしまう割に量が少ないのでコスパが悪く、味もまーまーレベルな店ばかりだったのでお好み焼きに対して全くと言っていいほど興味がありませんでした。

そんなお好み焼きのイメージを一新させてくれたのが嫁です。嫁は広島出身で、広島と言えばお好み焼きですし、お好み焼きを日常的に作るのが普通な訳です。なので当然のように晩ご飯としてお好み焼きを作ってくれます。嫁のお好み焼きの作り方は超簡単。

適当にキャベツ刻んでボールに入れ、適当に小麦粉を入れて、適当に山芋すり下ろして、適当に卵入れて、適当に水入れて、ざっくり混ぜ合わせて、焼いて、豚バラ肉乗せて、ひっくり返してまた焼く、これだけ。分量とかは完全に目分量。

これにオタフクお好みソースとマヨネーズを掛けると激ウマなんですよ! そうだよ! 自分のイメージしてた美味しいお好み焼きの味ってこれだよ! と感激したものです。嫁的に絶対外せないのがオタフクお好みソース。「オタフクにあらずんばお好み焼きにあらず!」と力説するほどに外せない存在です。このちょっと甘めなソースが理想のお好み焼きの味だったんだと気付かされました。いまいち美味しくないお店のお好み焼きって、甘めじゃないソース使ってるんだなぁとも思いました。つーかお好み焼き屋は変にソースに拘らずにおたふくソース使うのが絶対いいと思うんですよ! たぶん関東のお店はそこら辺を勘違いしてるから味がいまいちなお好み焼き屋が多かったんじゃないかと思うわけです。そりゃお好み焼き文化圏で育ってない人にとってはソースなんてどれも同じで、ちょっと拘ったヤツとか使いたくなるもんですよねというか私がそんな感じで全く分かってなかったですw

そんな訳で東日本の文化圏で育った人でお好み焼きに好きとか嫌いとかなんのイメージも無い人は、オタフクお好みソースで食べてみるのがオススメ。これ読んでる東日本の人、もう醤油で味付けるのは無しな。正直あれあんまり好きじゃなかったよとーちゃんw あとお好み焼きの美味しさをに気付かせてくれた嫁に感謝。